天カセエアコンにも様々な種類があります

天カセとはエアコンの種類の1つで天井カセット型を省略した呼び名になります。主に業務用として使われることが多い天カセとはどういったものなのか、ご紹介したいと思います。天井カセット型の中でも4方向に吹き出し口があるタイプや2方向、1方向のものなどがあります。また、サイズや付加機能なども使用目的によって様々な種類があり、使う場所の大きさや設置する位置によって使い分けることが多いです。天カセのエアコンは室内機を天井に埋め込むタイプになります。4方向タイプは部屋全体にムラなく風を送るため、広い部屋でよく使われています。2方向タイプは4方向タイプに比べて見た目がすっきりとしていて、部屋が細長い間取りであったり、天井部分が狭い場合に適しています。1方向のタイプは部屋のコーナーなど隅に設置するのに向いています。

天カセ以外にもたくさんあるエアコンの種類

エアコンには様々な種類があり、天カセのエアコン以外にも用途に応じた形状のものがたくさんあります。部屋の大きさによってパワーの使い方も違ってきますから、それぞれの大きさも選ぶことができる程たくさんの種類があります。一般的に家庭でよく使われているタイプの代表として壁掛け形があります。このタイプは、コンパクトなため設置する場所を選びやすいです。また、取り付けや撤去が比較的簡単で、掃除などもしやすいものが特徴です。床置き形はその名の通り、床に置いて使うタイプで床に沿って風が流れます。そのため、底冷えするような寒さの対策や、吹き抜けのお部屋などに有効です。天井吊り形は業務用で使われることが多いですが、天井に埋め込む必要がない分、施工が簡単です。ただ、配管などは室内に見えてしまうので外観を考える必要があります。

使いやすくて便利なエアコンとは

用途によって使いやすいエアコンについてご紹介していきます。まず、店舗など顧客に対する使用がメインになる場所の場合は、部屋全体に空調ムラができないようにしたり、直接人に風が当たらない工夫が必要です。見た目も重要ですので、特に飲食店などの店舗はイメージを壊さないようなデザインを選ぶことも一つのポイントです。美容室などに設置する場合、ドライヤーなどの熱源になる機器が多いですので、パワーのあるエアコンが適しているでしょう。教育施設や学校では授業の妨げにならないよう静音タイプが向いています。天井吊形は後付けも簡単にできて、工事も短期で行うことができますので教育施設ではよく使われています。企業のオフィスでは高い省エネ性のタイプが好まれます。風向きを調整できる天カセの4方向タイプなどは広いオフィスには有効でしょう。