天カセエアコンとそれ以外のエアコンの違い

「天カセ」とは、フィルター、吸い込み口、吹き出し口が一体化になり、天井に、埋め込まれたエアコンのことで、いろいろ種類もあります。吹き出し口が4方向、2方向、1方向となっています。またビルトインのタイプもあります。比較的大きな空間のオフィスや店舗に使われることが多いです。その他に、エアコンの種類には、ビルなどに用いる「埋め込み形」や天カセが設置できない店舗や教室に用いられる吹き出し口1方向タイプの「天吊り形」や小さい事務所に用いられるルームエアコンに馬力を持っている「壁掛形」やメンテナンス性によく、店舗や工場に用いられる「床置き形」があります。それぞれ、メリットやデメリットもあります。使用用途や場所に応じた、電気代も抑えられるエアコン選びが必要になってきます。

エアコンの特徴で比べてみました

天カセの特徴としては、配管をすべて天井内に隠すため部屋の外観を乱すことなく。設置できます。また、フィルターが吊り下げ式で取り出しやすくなっていいます。部屋の間取りに合わせて、吹き出し口を4方向、2方向、1方向、ラウンドフローと選択肢があります。天井吊り型の特徴としては、省スペースでも設置可能で、直線に気流を送りだします。床置き型は、スペースさえあれば、容易に設置が可能ですが、床や壁のスペースを占領してしまうという難点もあります。壁掛け型の特徴としては、1方向のみ気流を送り出すので部屋全体の空調菅理ができます。狭いスペースでも設置可能ですが、音が大きいという難点もあります。ビルトイン型の特徴としては、吹き出し口を室内の形状に合わせることができ、効果的です。使用条件、設置場所からのエアコンでの空調管理が必要になります。

エアコンのメリットとデメリットで比べてみました

メリットについて、天カセは部屋の形状に合わせて吹き出し口の数を選択可能で、場所をとりません。天井吊り型は、天井に穴を空けずに設置可能で、天井が高くても床まで気流をおくることができます。床置き型は、スペース確保で、どこでも設置可能で、本体に手が届くのでメンテナンスが簡単です。ビルトイン型は、複数の吹き出し口をつけることができ、外観を乱しません。また、高温多湿でも使用可能です。デメリットについて、天カセは、天井に穴を空けなくてはならず、高い天井だと足元まで気流が届きません。天井吊り型は真下や両側に気流が届きにくく、配管露出してしまいます。壁掛け型は、馬力が弱く、温度ムラがあり、配管が露出しています。ビルトイン型は、大掛かりな工事を要し、定期的にクリーニング業者に依頼が必要になり、配管が長くなると空調効果が低下してしまいます。適切なエアコンを選べば効率よく、快適な空間になります。