今後天カセエアコンが主流になっていくのかどうかを解説

天カセとは、天井カセット型の主に業務用エアコンで、吸引、吹出する入り口が一つで、天井と一体になった空調の機械の事です。業務用エアコンは使い方、目的によって色々な形状があります。天カセエアコンは天井と一体化し目立たず設置できます。照明が大きく余地のない場合やパネルも色を選ぶことが出来るタイプがあるので空調の存在を控え目にしたいところに向いています。4方向吹出タイプは4方向から風が出る為、室内の温度が一定に保てます。更に、ラウンドフロータイプは360度風が出るので、4方向吹出より、さらに温度が安定しています。また、感知センサーや掃除の機能などがあるものが多いのも特徴です。この天カセエアコンは穴を天井に開けることが必須で、その際、天井の裏に入れることが条件になります。また、天井があまりに高すぎても足元まで風が届かないので注意が必要です。設置費用についても他に比べて値が張るのが特徴です。

天カセタイプのエアコンの種類とその他のエアコンの種類について

天カセで吹出口が2方向タイプは蛍光灯などの照明と同じラインに設置出来、見た目も美しく、2本の吹出口が細ラインで手入れもしやすく便利です。また、1方向吹出タイプもあり、天井の端や下がり天井設置もできます。天カセタイプは天井に埋め込むため設置費用が高価になりましたが、埋め込みが必要なく天井に穴を開けず据え付けも簡単なのが天井吊型です。天井が高さに関係なく風を送ることが出来、除菌機能等の機能付きがあり、1台で10馬力まで出ますが、配管が見えてしまう難点もあります。また、簡単な取り付けで費用も抑えられるのが床置型です。床置きなので手入れも楽で天井に関係なく足元まで風が届きます。1方向にのみ風が出るので温度にムラが出やすく、床に置くスペースも必要になります。他に、壁掛型は床スペース不要で、据え付けが楽で工事が出来ます。見た目はルームエアコンですが風量は業務用ならではの小さな事務所などに向いています。

天カセタイプのエアコンは今後どうなっていくのか

業務用として知られている天カセタイプのエアコンですが家庭用としても設置する家庭が増えてきました。今後天カセタイプが主流になっていくのかはまだ、分からない所ではあります。天カセタイプのエアコンは部屋をすっきりし、効率的に空調が効きます。室外機は設置場所も目立たないところに置くことが出来、いくつかのエアコンがあっても1つで対応可能と、メリットがたくさんあります。それに対し、照明の配置が難しく、天井や天井裏で故障が起こり、メンテナンスが大変であるというデメリットもあります。まだ、主流でない為、商品の数があまりなく、限りがあります。固定資産の税金が割高になるなどもあります。利用する人が増えているので今後、品数も増え、使いやすい家庭用が発売になる日も近いでしょう。検討をお考えの方は常に情報を更新しておくと良いでしょう。