天カセエアコンの名前の由来を説明します

エアコンの種類の内、天カセという略称で呼ばれるタイプの正式名称は、天井カセット型エアコンと言います。吸い込み口、フィルター、吹き出し口等が一体となった状態で天井に埋め込まれるタイプで、2あるいは4方向に風が吹き出す為室内の温度にムラが出来辛く、その特性から大きな空間に使われることが多いタイプです。企業の社内やスーパーなどの店舗内で、4方向に風の吹き出す天井の四角い部分を見たことは無いでしょうか。あれが天井カセット型エアコンです。名称の由来としては若干不明瞭ですが、さながらカセットをはめ込むように、天井に開けた穴にエアコン本体を埋め込むことからカセット型と呼称されるようです。近年は家庭用の天カセエアコンや、壁掛け型と同じく一方向のみの吹き出し口をもつ天カセエアコンも販売されている事もあり、徐々に家庭における認知度も上昇していると思われます。

天カセエアコンの特徴と向き不向き

天カセエアコン、もとい天井カセット型エアコンの利点は、まず天井と一体化するという点です。一見するだけではエアコンがあると分からないので室内の雰囲気を損なわず、インテリアの邪魔をしません。また、設置する室内や天井に合わせてパネルの色を選べる点も利点と言えるでしょう。そして部屋の大きさや形に合わせて送風口の数を選べるというのもポイントです。特に大きな部屋用の送風口が4つ以上あるタイプは除菌機能やセンサー等のオプション機能がついていることも多く、殆どの場合風量、風向の自動調節等の便利な機能が使えるでしょう。反面、設置に際して天井に大きな穴を開ける必要があり、また天井裏のスペースも必要などタイプにもよりますが、あまり天井が高い部屋だと足元まで風が届かないといった注意点も存在します。

天カセエアコンを含むエアコンの種類

エアコンの種類には、先の段でも挙げた天カセ型以外にも様々なものがあります。その代表としては、エアコンと聞いてまず思い浮かべる家庭用代表、壁掛け型でしょう。これは何より据付工事が簡単であり、お手軽に設置できるという点が特徴です。同じく設置が手軽という点では床置型が挙げられます。これは天カセ型の弱点である「天井の高い部屋の床には風が届かない」部分を補えるエアコンです。もう少し馬力が欲しい、という方には天井吊型がお勧めです。埋め込み不要でたっぷりの風量、そして馬力の割にたいへん静かで、デザイン的にも目立ちにくくなっています。エアコンの存在を感じたくないという方は、業務用となってしまいますが天井埋込ダクト型はいかがでしょうか。本体が完全に天井裏に隠れてしまう上、複数の部屋を同時にカバーすることが出来ます。